文字サイズ

メニュー

閉じる

  1. HOME
  2. 社会への取り組み
  3. 従業員に向けた活動

従業員に向けた活動

従業員に向けた活動

人材こそが最も重要な経営資源です。そのため、従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮し、明るく活力ある企業集団であり続けるために、魅力あふれる職場環境を構築していきます。

ワークライフバランスの推進

当社では、「仕事と生活の調和」をテーマにワークライフバランスの推進を 積極的にサポートしています。

  • 従業員が家族とともに過ごす時間を創出するために、定時退勤日(毎週火・木曜日)を設定しています。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるように雇用環境を整備するとともに、次世代育成支援対策に取り組んでいくため、次のように行動計画を策定しています。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

健康管理

従業員が健康問題を抱えることは、その従業員や家族、企業にとって多大な影響を及ぼします。
従業員の健康は個人にとっても会社にとっても最大の財産であると考え、健康管理活動を行っています。

  • 健康保険組合の所有するスポーツ施設、多くの保養所が利用可能です。
  • 健康診断/人間ドックの受診率100%を目指しています。
  • 定期的にストレスチェックを実施して、心のケアをサポートします。

スポーツ推進

当社は『仕事とスポーツ』をモットーに従業員の体力・気力・人格の向上をはかることを目的として、社内におけるサークル活動に対して奨励金を支給し、従業員にスポーツの推進をしています。
バドミントン、野球、フットサル、バスケットボール等従業員同士のコミュニケーションを図る場として、リフレッシュの一環としても利用されています。
また、年に1度、社内行事としてバドミントン大会、フットサル大会を開催しており、経験者から初心者まで、幅広い層の従業員が、楽しみながら汗を流しています。

お問い合わせContact