IR情報
TOP > IR情報 > ディスクロージャー・ポリシー
  • IR情報
  • IRニュース一覧
  • 経営方針
  • トップメッセージ
  • コーポレート・ガバナンス
  • 事業等のリスク
  • ディスクロージャー・ポリシー
  • 中期経営戦略
  • 業績・財務の状況
  • 配当政策
  • IRライブラリー
  • 株式関連情報
  • IRカレンダー
  • FAQ
  • 電子公告
  • 免責事項
  • 商品、システム関連のお問い合わせはこちらから
  • プロジェクトの一翼を担っていただけるビジネスパートナーを募集しています

ディスクロージャー・ポリシー

情報開示の基本方針

当社グループでは、金融商品取引法等の諸法令、および当社の株式を上場している証券取引所が定める適時開示規則(以下、「適時開示規則」といいます)に則り、情報開示を行っています。 また、法令・規則に該当しない情報であっても、投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報や、株主や投資家の皆様に有用であると判断した情報については、積極的に開示を行っていきます。

情報開示の方法

当社グループでは、適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所が提供している「適時開示情報伝達システム(TDnet)」に登録し提供してまいります。また、当該情報を広く伝達できるよう、速やかに当社ホームページにも掲載します。 また、適時開示規則に該当しない情報であっても、同様に、当社ホームページへの掲載等により、できる限り公平かつ広範に当該情報が伝達されるよう努めます。

沈黙期間の設定

当社グループは決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表の直前にあたる2週間を「沈黙期間(クワイエットピリオド)」とし、IR活動を自粛いたします。この期間中は、決算内容に関するご質問にお答えすることを控えさせていただきます。ただし、沈黙期間内でも、適時開示規則において、開示が必要となる業績予想値の差異が生じることが判明した場合は、速やかに開示します。

将来の見通しについて

当社グループの当期および将来の業績に関する予想、計画、見通し等は、当該時点において入手可能な情報による判断に基づいています。したがって、将来の業績などにつきましては、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢の変化などにより異なる場合があります。